ブログカスタマイズ(アメブロ・FC2)やホームページ制作のノウハウや情報を提供してゆきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 本を読む本

本を読む本


M.J.アドラー
C.V.ドーレン

出版社: 講談社
発売日: 1997/10



フォトリーディングのセミナーで先生から紹介してもらった本です。

題名のとおり、「本を読む」為に読む本です。

ただし、「本を読む事を目的にした読書」の場合、たとえば、優雅な時間をすごしたい、暇つぶしをしたい、などの場合、にはこの本の情報は必要ないと思います。

この本は、「積極的に本を読む事によって、知識を手に入れ、それを理解する。」為の指標になる本です。
------ 目次 ------
第1部:読書の意味

第2部:分析読書-読書の第3レベル

第3部:文学の読み方

第4部:読書の最終目標
------------------

------ ポイント抜粋 ------
・読書の4つのレベル

1)初級読書
2)点検読書・・・組織的な拾い読み、下読み。
3)分析読書・・・本を分類する、透視(構造、プロット、意図)する、本を批評する、etc..
4)シントピカル読書・・・同一主題の本を2冊以上読む。
------------------------

全体的に、ある程度本を読みなれてないと読むのが難しい本だと思います。

個人的には、点検読書とシントピカル読書の箇所を非常に興味を持って読み進めました。

「難しい本を読むとすぐ挫折してしまう」「よく本を読むが、あまり内容が理解できていない」と感じるかたは、是非1度読んでみて下さい。

「あまり本は読まない」と言う方は、止めておいた方が無難かもしれません。。。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://from30nikki.blog31.fc2.com/tb.php/39-a93e653d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。