ブログカスタマイズ(アメブロ・FC2)やホームページ制作のノウハウや情報を提供してゆきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記憶力を強くする 記憶力を強くする
著者: 池谷 裕二
発売日: 2001/01
ページ数:269P

池谷さんの本は何冊か読んでいますが、どの本も非常に解りやすく「脳」の事を解説してくれます。

この本は私が読んだ池谷さんの本のなかではちょっと難しめの内容でした。

「海馬」「シナプス」「可塑性」「LTP」

でもちょっと難しかった分、とても沢山の新しい知識を得られました。

「脳科学」に興味があるかたは是非読んで下さい!!オススメです!!


 ←応援(クリック)よろしくお願いします^^)



▼ 目次 ▼

第1章 : 脳科学から見た記憶

第2章 : 記憶の司令塔「海馬」

第3章 : 脳とコンピューターはどちらが優秀なのか?

第4章 :「可塑性」―脳が記憶できるわけ

第5章 : 脳のメモリー素子「LTP」

第6章 : 科学的に記憶力を鍛えよう

第7章 : 記憶力を増強する魔法の薬

第8章 : 脳科学の未来


▼ 要点 ▼

・ある事象の理解の仕方を覚えると、他の事象に対する理解の仕方も上達する

・脳には臨界期(覚える対象による適齢期)が存在する

・脳は使えば使うほど、さらに使えるようになる。

・「好奇心」「探究心」は記憶のビタミン

・語呂合わせは記憶に有効

・脳はストレスも記憶する


▼ 感想 ▼

池谷さんの他の本でも書かれていますが、

「年のせいで覚えが悪くなった」と言うのは間違い!!

だそうです。

みなさん、良くこの言い訳使っていませんか??

私は池谷さんの本を読んでからこの言い訳が使えなくなって少し困ってます^^;

そしてお子様がいる方は「臨界期」の事は知っておくとすごく便利だと思います。

・絶対音感の習得:3~4歳
・言語の習得:6歳くらいまでが非常に高い
・丸暗記:中学生くらいがピーク

絶対音感に関しては、この時期を過ぎるとほぼ習得できなくなるそうですので、お子さんを音楽家に育てたい方はこの時期を逃さないようにしてくださいね~~^^)


▼ 関連書籍 ▼

海馬―脳は疲れない → 【書評】

だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法 → 【書評】


▼ 24時間以内にあった嬉しかった事 ▼

久々にゆっくり寝ることができた。


↓↓↓↓↓
ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 本ブログへ
いつも応援ありがとうございます^^)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>「年のせいで覚えが悪くなった」と言うのは間違い!!

そう思っていましたね。
しっかり、脳を使えって言うことね。
2008/03/17(月) 04:24 | URL | マサ #-[ 編集]
私も思ってました^^;
池谷さんの本読む前はしきりにこの言い訳つかってましたし。。
2008/03/17(月) 21:31 | URL | ひろよこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://from30nikki.blog31.fc2.com/tb.php/62-80ece199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。